• ホーム
  • バルトレックスを飲まなければならない兆候と金額

バルトレックスを飲まなければならない兆候と金額

病原体

バルトレックスはヘルペスなどの薬です。
ヘルペスは一度発症するとたとえ症状が治ったように見えてもウイルスが神経節に残ってしまうので完治が難しく再発の可能性が高い病気です。
兆候が現れたら早めに飲むようにしましょう。
症状が軽くてすみますし、早期に治療することができるので薬の金額も安くてすみます。

経験者になってくると兆候は分かってきます。
疲れやストレスなどたまってくると発症するケースも多くなります。

性器ヘルペスは性器部分や肛門周辺に違和感を感じ始めます。
ヒリヒリ・チリチリ感があったり、吹き出物が出て痛みや痒みを感じるようになったらすぐに服用を開始しましょう。
朝晩1錠ずつ、お水で飲むようにしましょう。

口唇ヘルペスの場合、口の周辺などに赤い腫れ物が出始めたり、ブツブツ感や違和感など出るのがその兆候です。
同じく1日2錠服用します。
胃での消化・吸収を助けるためにもなるべく朝食後・夕食後に飲むようにしましょう。

ヘルペスは性病の一種なので病院に行くのは勇気がいります。
アナルセックスやオーラルセックスなどセックスの種類によって症状が出る場所が違ってくるのも病院に行きたくなくなる理由の一つでしょう。
ただ、早めに治療しなければどんどん悪化するだけです。
最近では郵送での性病チェッカーというのもあります。
もしも何らかの兆候が現れたら取寄せて、パートナーと一緒に自宅で検査してみるのもよいでしょう。

万が一、ヘルペスを発症していた場合、病院でバルトレックスを処方してもらってもよいですが、高いお薬です。
再発の可能性もありますし、個人輸入して安く多めに持っておくというのも一つの手段です。
保険適用させてしまって、国民健康保険の費用負担を増加させるよりも安くあげられる方法です。