• ホーム
  • ヘルペスの種類によるバルトレックスの服用法

ヘルペスの種類によるバルトレックスの服用法

薬を飲む男性

バルトレックスは、ヘルペスウイルスの感染による各種感染症の治療薬として処方される薬です。
感染症の種類によってヘルペスウイルスの型も違いますが、ヘルペスウイルスという名前のウイルスによる感染症はバルトレックスの服用で治療することが可能です。

口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルス1型の感染によって起こり、口の周りがピリピリ・むずむずとして、その部位に水ぶくれができます。
そしてかさぶたになって治って行きますが、水ぶくれの中の水分にはヘルペスウイルスが潜んでいるので、他の部位に触ると感染してしまう可能性があります。
口唇ヘルペスの場合には朝晩各一錠ずつのバルトレックスの服用を5日間続けます。
なるべく早めに服用することで、症状が酷くならないうちに症状が治まって行きます。

性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルス2型の感染によって起こり、性器の周辺に赤いぶつぶつや水ぶくれができます。
男性の場合にはペニスの先端や包皮、お尻に見られることが多く、女性の場合には外陰部や膣の入り口、お尻に見られることが多いです。
バルトレックスの服用は朝晩各一錠ずつの服用を5日間続けます。

帯状疱疹は水痘・帯状疱疹ウイルスの感染によって起こり、身体の片側だけに帯状に発疹が現れます。
ピリピリとした痛みを感じることが多く、熱が出たり頭痛がすることもあります。
この場合にはバルトレックスを1日3回、朝昼晩に各2錠ずつ服用します。
薬の服用と共に安静が必要となるため、症状が出た場合にはまず医師の診察を受け、学校や仕事を休むことが必要となります。

どのヘルペスウイルスに感染して発症しても、なるべく早くバルトレックスの服用を始めてウイルスの増殖を抑えることで症状が悪化しないようにすることができます。