• ホーム
  • ヘルペスの起源と痺れを感じたらバルトレックスを

ヘルペスの起源と痺れを感じたらバルトレックスを

ヘルペスの起源はギリシャ語からきています。
ギリシャ語で這うがヘルペスであり、神経に沿って連なってできることから、そう名付けられました。
このヘルペスウイルスは一度感染してしまうと、うまく付き合っていくしかない完治できない病原体です。
完治できないといっても、症状を出さないだけであり、発症しなければ特別生活に制限はありません。
ストレスを溜めたり、風邪などで免疫力を低下させないことで発症を抑えることが可能です。
しかしそうであっても現代社会で生きる人たちにとって、それは困難であり、時にヘルペスの症状が出てしまうこともあるでしょう。

症状は個人差がありますが、ヘルペスができそうな予感を感じる人がいます。
そのひとつに唇の痺れを訴える人も居て、そのような症状を発した時に、バルトレックスが良く効果を出します。
このバルトレックスはヘルペスウイルスの活性化を抑える効果があり、悪化させない医薬品です。
適切な服用はヘルペスができそうな時期であり、痺れやその他のできそうな感覚を覚えた時に服用すると大きな効果を出すでしょう。
ヘルペスは水疱ができ、それが潰れると見た目も悪くなります。
また飲食が辛くなることもありますので、早急に治療を開始するために、ヘルペス持ちの方はバルトレックスを常備しておくと良いでしょう。

基本、口唇にできるタイプと性器にできるヘルペスはウイルス型が違いますが、性行為の多様性からオーラルセックスで、性器にできるものが口唇にできることがあります。
また性行為以外でも感染する可能性がありますので、安直なセックスにより感染であると決めつけないことも大切です。
性病であり、性行為だけで移るわけでないことを認識してください。